乾燥のかゆみは原因は様々なのでまずは乾燥を抑えること

乾燥する時期特に冬場はかゆみはどうしても出てきてしまいます。乾燥によって皮膚が刺激されかゆみが出てきてしまうのが乾燥性皮膚疾患の原因なので、まずは乾燥を抑えることが一番の治療になります。

 

お風呂上がりなんかは、お湯で皮脂が取れてしまっている状態ですので風呂上がりに保湿をしておくことでかゆみはだいぶ抑えられると思います。
その際に使う保湿剤としては、水分が体内に残っている若い世代であればワセリンを使用する方が良いと思見ます。体外への蒸発を防ぎ水分を保持することで乾燥を抑えることができます。

 

水分が少なくなってきている世代には尿素配合しているものがいいと思います。尿素自体に水分を保持する効果があり、変形した角質を除去する作用がありますので新しく水分を含んだ角膜が新陳代謝で出て着やすくするようになります。
イメージとしてカサカサになった角質に水分が浸透して周りの角質になじんでいくイメージ映像が化粧品の広告などで流れますが、変形した角質をあのように修復することは困難ですし、除去して新たな角質にターンオーバーしてしまう方がはるかに効率的です。
合わせて使うこともより効果的ですが、その際にはワセリンを最後に使うと密閉できますので効果的です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です