私のアトピー性の皮膚炎と乾燥肌が消えた鍼灸。

私は生来のアトピー持ちで、生まれてからしばらくは身体中が包帯でぐるぐる巻きになっている程でした。
両親の努力か、薬が効いてきたのか、病状は成長と共に落ち着きを見せましたが、時期やストレスによっては
表に出てくる事もあり、身体のメンテナンスには始終気を使っていました。


私の身体で症状が強く現れるのは、主に手足の関節部分と顔の一部、それに頭皮でした。
私はアトピーに加えて乾燥肌だったので、身体から水分が抜けるとあっという間に肌にヒビが入り、顔は粉を吹き、頭皮からはフケが出る始末。その為、かゆみ止めの飲み薬に加え、入浴後は美容液と乳液で保湿を欠かさず続けていました。
とは言っても、ちょっとした予防と対処療法では焼け石に水でした。
転機が訪れたのは、腰痛を治療する為に鍼灸にかかった時でした。
針を打つには当然服を脱がねばならないので、私もそうしました。
その時の私は、アトピーが比較的落ち着いていてはた目にはわからない程度であったと思いますが、
鍼灸の先生はあっさりと「アトピーですか」と看破されました。
「わかりますか」と私が聞くと「アトピーの治療の為に来る人もいるからね」と先生。
これまでに何人ものアトピー患者を治療してきた事があるそうで、先生は「みんな治っているよ」と事も無げに
言い放ちました。私は、その日から腰痛の治療に加えて、アトピーの治療もお願いする事にしました。
東洋医学においては、血行の流れが全てと言っても過言ではなく、血行さえ良くなればあとは人間の自然な治癒力で
どうにもなるそうです。姿勢や身体の動かし方ひとつ取っても血行に影響がある為、私は先生から正しい姿勢と歩き方も教わりました。

 

私が初めて先生の元を訪れてから6ヶ月後。
腰痛は消え、頭皮にフケが浮かぶ事も、身体の痒みもなくなっていました。
すっかり良くなったと喜んでいると、先生曰く、今はいいけど身体のバランスが崩れたら当然再発する事もあるから、正しい姿勢を心がける事と、規則正しい生活を心がける事を肝に銘じなさいとの事でした。
また、先生は、日々自分の身体と対話する事が大事だともおっしゃっていました。
それから、暴飲暴食はせず、夜更かしも控えた生活を続けていますが、今のところアトピーの症状が出る事はありません。
このまま体調をキープしたい所です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です